【8月2日締め切り】明治の芝居小屋「康楽館」常打芝居観劇券プレゼント


プレゼント 秋田

創建110年 国重要文化財
明治の芝居小屋「康楽館(こうらくかん)」常打芝居観劇券1名様分を抽選で5名様にプレゼント

アンケートに答えて応募しよう

チケット・宿泊券

一世紀を経て・・・今なお現役
これまで何百万人もの感動を受け止めてきた黒々とした手摺りや柱、数多くの役者の熱意が残っている楽屋など、建物はほぼ建築当初のままです。国重要文化財の生きている芝居小屋として大衆演劇による「常打芝居」や「歌舞伎」「寄席」「文楽」など、多くの方々にお楽しみいただいております。明治から令和まで110年の歴史が醸し出す独特の雰囲気が康楽館最大の魅力です。

※観劇券の使用期限は、2020年11月28日(土)まで有効です。

関連リンク

小坂まちづくり株式会社

応募締切
8月2日(日)
当選発表
商品の発送をもって代えさせていただきます。
サービス提供
小坂まちづくり株式会社

< 施設情報 >

康楽館 外観
明治の芝居小屋「康楽館(こうらくかん)」は、明治43年(1910年)秋田県鹿角郡小坂町に小坂鉱山の厚生施設として誕生しました。旧金毘羅大芝居(香川県)や永楽館(兵庫県)とともに、日本最古級の劇場のひとつとして知られています。こけら落としは大阪歌舞伎の尾上松鶴一座が務めて以来、歌舞伎や新劇など盛んに上演されました。平成14年(2002年)国の重要文化財に指定。

和洋折衷のモダンな芝居小屋
外観正面は白く華麗な下見板張り、上げ下げ式窓と鋸歯状の軒飾りが規則正しく並び、内部天井には八角形の枠組みの中央にチューリップ型電灯が輝く、洋風建築となっています。館内は、典型的な江戸期の芝居小屋のスタイルで、桟敷や2本の花道、切穴(すっぽん)に義太夫・囃子部屋などがあります。全国的にも稀な大変価値のある建築物です。当時としては画期的な電気による照明設備があったことから「東北一の芝居小屋」と呼ばれました。

康楽館はJAF会員優待施設
〇優待内容
1 常設公演観劇料金 10%割引
2 施設見学入館料  10%割引
※他の優待・割引等との併用はできません。
〇会員優待利用方法
受付時(入館時)に、JAFデジタル会員証・会員証・仮会員証の提示
〇優待対象人数
会員含む4名まで
〇駐車場
有り:120台
〇営業時間
毎日9:00~17:00
〇アクセス
東北自動車道小坂ICからクルマで、1㎞3分
〇所在地
〒 017-0202 秋田県鹿角郡小坂町小坂鉱山字松ノ下2
TEL: 0186-29-3732
FAX: 0186-29-3219

※明治の芝居小屋「康楽館」は、新型コロナウィルス感染症拡大の影響により、6月30日(火)まで臨時休館・休演中です。営業再開は7月1日(水)を予定しています。