【12月22日締め切り】宮城屋のかまぼこ詰め合わせを抽選で2名様にプレゼント


プレゼント 秋田

かまぼこ詰め合わせ(燻製鮭裏付小板、穴子裏付小板、ベーコンチーズ巻)三本入り詰め合わせ

グルメ

日本の伝統の味、日本人の心の味覚を求め続けた「宮城屋」のかまぼこ

応募方法
ご応募はページ下、応募ボタンからお願いします
応募締切
12月22日(水)23:59まで受付いたします
当選発表
当選者の発表は、12月下旬の発送をもって代えさせていただきます
協賛
宮城屋蒲鉾店

かまぼこ詰め合わせ内容の盛り付け

燻製鮭裏付小板

穴子裏付小板

ベーコンチーズ巻

秋田県内唯一の蒲鉾専門店

昭和二年、秋田県秋田市に開業して創業94年。
秋田県内唯一の蒲鉾専門店として製造・販売を行っています。
主原料にタラ、イトヨリを使用し職人が一本一本丁寧に手作りした蒸蒲鉾。
保存料を一切使わない安心安全な商品を作り続けています。




機械だけでは決して出せない職人の技術とこだわり

魚の鮮度が違う

蒲鉾の原料である魚のすり身は、水分やでんぷんなどを加えながら練られていきます。その過程を経ると一般的には練り始める前と比べて1.5~2倍にまで体積が増えます。宮城屋蒲鉾店は魚本来の味わいと歯ごたえを残すために、体積の増加を1.3倍程度にとどめています。

御影石の石臼で練るすり身

宮城屋蒲鉾店では、石臼を使ってすり身を練ります。魚の繊維を適度に残すことができるので“魚らしい”噛み応えが生まれます。また、石は温度変化が少ないため生きものであるすり身の鮮度を保ったまま美味しく仕上げることができます。

四十年以上の経験を持つ職人

昭和二年の創業から続く蒲鉾づくりの技。宮城屋蒲鉾店のかまぼこづくりを支えるのは四十年以上の間、蒲鉾の手付けをしてきた職人。蒲鉾の美しい佇まいは、経験に裏付けされた丁寧な仕事です。


宮城屋蒲鉾店はランチ営業も行っています

大きな窓越しに旭川の流れを眺めながら、美味しい蒲鉾とランチを召し上がることができます。
セットメニューのAランチ(天丼セット)、Bランチ(親子丼セット)が好評です。

ランチ営業/11:00~14:00まで
(日曜・祝日は休み)

お食事処

蕎麦は山形そば(温・冷)

饂飩は讃岐うどん

宮城屋蒲鉾店

〒010-0921 秋田県秋田市大町1丁目1-1
TEL 018-862-4616
営業時間/10:00~17:00
  店舗となりに駐車場あり
定 休 日 /日曜・祝日