【4月29日締め切り】福岡アジア美術館「谷川俊太郎 絵本★百貨展」ペア招待券を抽選で3組6名様にプレゼント


本展メインビジュアル
東京会場 展示⾵景(撮影:⾼橋マナミ)

プレゼント 福岡

ペア招待券を抽選で3組6名様にプレゼント

チケット・宿泊券

詩⼈の⾕川俊太郎は1960年代から現在に⾄るまで、さまざまな絵描きや写真家と200冊にも及ぶ絵本を作ってきました。ことばあそび、世界のありようを認識する⼿がかり、ナンセンスの楽しみ。そして⽣きることの⾯⽩さや⼤変さ、尊さ、死や戦争までをテーマに、今⽇も絵と⾔葉による表現に挑んでいます。

展覧会は絵本約20冊を原画や映像、インスタレーション等を通して紹介。
絵本の世界から⾶び出した、⼦どもから⼤⼈まで誰もが楽しめるおもしろい展覧会です。

期間中さまざまなイベントも開催され、会場ではオリジナルグッズの販売もおこないます。
展覧会についての詳細は下記関連リンクよりご確認ください。

会 期:4月27日(土)〜6月16日(日)  
会 場:福岡アジア美術館7階企画ギャラリー(福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7階)
観覧時間:9:30〜18:00(毎週金・土曜⽇は20:00まで)※最終入場は30分前まで
休館日:水曜日
入館料:一般1,600円(1,400円)、高大生1,200円(1,000円)、小中生700円(500円)
※未就学児無料※()内は前売料金、前売販売期間は2月1⽇(木)〜4月26⽇(金)
※チケットは、ARTNEチケットオンライン、ローソンチケット(Lコード84030)、セブンチケット等で販売
詳細サイトhttps://faam.city.Fukuoka.lg.jp/exhibition/19885/ 公式Instagram @tanikawashuntaro_ehon

関連リンク

【公式】福岡アジア美術館「谷川俊太郎 絵本★百貨展」

応募方法
下記応募するボタンよりご応募ください
応募締切
4月29日(月)
当選発表
5月上旬の賞品発送をもって代えさせていただきます
サービス提供
「谷川俊太郎 絵本★百貨展」事務局

百貨展の見どころ

1. 多才なクリエーターたちによる表現

約20冊の絵本を紹介するにあたり、アートディレクター、映像作家、建築家ら多才なクリエイターが参加し、原画、朗読、アニメーション、インスタレーションなどさまざまな表現で展⽰します。⼿元でページをめくる絵本の世界から⾶び出した展覧会です。

2.絵本から飛び出した展示

東京会場 展示⾵景(撮影:⾼橋マナミ)

『おならうた』絵・飯野和好 絵本館2006
展⽰デザイン:minna(アートディレクター/デザイナー)
⼦どもに⼈気の『おならうた』は、ただならぬ気配の「おならドーム」の中に原画がうやうやしく置かれます。

東京会場 展示⾵景(撮影:⾼橋マナミ)

『もこもこもこ』絵・元永定正 文研出版1977
映像の部屋:岡本香⾳(映像作家)
元永定正との⼈気作『もこもこもこ』の部屋。靴を脱いで床に上がると、⾕川の名朗読が響き渡る中で、絵や光が「もこもこ」「ぎらぎら」「ふんわふんわ」します。⾔葉のリズムと絵の響き合いが楽しい『もこもこもこ』の世界を体験できる空間です。

谷川俊太郎

東京会場 展示⾵景(撮影:⾼橋マナミ)
詩⼈。1931年東京⽣まれ。1952年第一詩集『二十億光年の孤独』を刊行。1962年「月火水木金土⽇の歌」で第四回⽇本レコード⼤賞作詩賞、1975年『マザー・グースのうた』で⽇本翻訳文化賞、1982年『⽇々の地図』で第三十四回読売文学賞、1993年『世間知ラズ』で第一回萩原朔太郎賞など受賞・著書多数。詩作のほか、絵本、エッセイ、翻訳、脚本、作詞など幅広く作品を発表している。

会場の福岡アジア美術館はJAFの会員優待施設です

抽選に外れてもJAF会員ならお得に楽しめる!

■優待内容
常設展示観覧団体料金適用
■利用方法
受付時にJAF会員証をご提示ください
■対象
会員含む2名まで