【6月20日締め切り】「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2024」作品鑑賞パスポート(一般)を抽選で5名様にプレゼント


パスポート イメージ

プレゼント 新潟

「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2024」作品鑑賞パスポート(一般) 5名様

チケット・宿泊券

「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2024」作品鑑賞パスポート(一般)を5名様にプレゼントいたします。
【パスポート有効期間】2024年7月13日(土)~11月10日(日)
【開催期間】2024年7月13日(土)~ 11月10日(日)全87日間(火・水曜休み)

関連リンク

大地の芸術祭公式ホームページ

応募方法
下記「応募する」ボタンより応募 ※JAF会員ログインが必要です。
応募締切
6月20日(木)
当選発表
当選発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。
協賛
大地の芸術祭実行委員会

大地の芸術祭とは

「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2024」メインビジュアル
■概要
世界最大級の国際芸術祭であり、日本中で開催されている地域芸術祭のパイオニア。アートを道しるべに里山を巡る新しい旅は、アートによる地域づくりの先進事例として、国内外から注目を集めています。

■開催期間
2024年7月13日(土)~ 11月10日(日)全87日間(火・水曜休み)


大地の芸術祭 公式ホームページ

The Long and Winding River (tunnel and table)  原倫太郎+原游

作品紹介
「くねくねした川がトンネルになったり、テーブルになったり。美術館と温泉のクロスポイントでチルアウトルームとしての楽しみ方を探っていく。生きものは古代から川に集まって、文明が始まる」(作家コメント)。作家ふたりがつくり出す「川」を、明石の湯に設置。滞在しながら体験できる場を展開していく。
展示場所:明石の湯

太陽の移ろい 白井美穂

作品紹介
過去の芸術祭では童話『注文の多い料理店』に着想を得た、ドアを使った作品を発表した作家は、彫刻、絵画、映像、写真など多角的な表現を手がけている。今回はグローブ座の一室で、レストランのテーブルクロスや壁面を使った平面作品と映像を組み合わせた展示を行う。そこに託されるのは、「移ろいゆく太陽の光と季節自然の豊穣と食すること、自然界の生成のリズム」だという。光と色彩が折り重なる複合的な空間表現を味わいたい。
展示場所:上郷グローブ座

今年の夏は新潟の大自然の中、芸術作品を鑑賞してみてはいかがでしょうか?
新たな気づきがあるかもしれません♪