【8月12日締め切り】みうら庵「もちもち三角バター餅」1パックを5名様にプレゼント


イメージ_もちもち三角バター餅

プレゼント 秋田

みうら庵「もちもち三角バター餅」

グルメ

秋田県北秋田市のソウルフードのバター餅は、当地で40年以上前から地域で食されてきた郷土菓子です。もち米をつきバターを入れることで時間が経っても固くなりにくく、餅の柔らかな食感が保たれています。

応募方法
本ページ最下部の「もちもち三角バター餅に応募する」ボタンからお申し込みください
応募締切
8月12日(月・祝)
当選発表
8月下旬の賞品発送をもって代えさせていただきます
サービス提供
みうら庵

バター餅はマタギの携行食だった

イメージ_もちもち三角バター餅盛り付け
バター餅は、秋田県北秋田市で40年以上の歴史があるお菓子。
お餅にバターを入れるから時間が経っても固くなりにくく餅の柔らかな食感がたもたれている特徴と、栄養たっぷりで腹持ちが良いことからマタギの携行食として使われていました。

もちもち三角バター餅の特徴

イメージ_もちもち三角バター餅盛り付け
バター餅は、作る人によって伸び方や固さに大きな差が出ます。このもちもち三角バター餅はやや固めで歯切れの良さが特徴です。
もちもち感が強いながらも、歯につくこともなく嚙み切ることができます。一切れが分厚いため口に入れたときのふわふわとした弾力が楽しめます。
もちもち三角バター餅は、みうら庵ならではの三角形が特徴的なバター入りの餅菓子です。

北秋田市の推奨認定特産品

イメージ_パッケージ
北秋田市の特産品として日本バター餅協会から認定されているバター餅製造業者は13店舗あります。
みうら庵のもちもち三角バター餅も、北秋田市の「推奨認定特産品」として認定を受けており「バター餅といえば、みうら庵」と言われるほど有名です。
もち米にバターと砂糖・卵黄を練り込んで作り込んでいることから、小腹がすいた時のおやつにピッタリです。

原材料

もち米(秋田県産)、砂糖、バター、卵黄、小麦粉、片栗粉、塩、(一部に乳成分・卵・小麦を含む)

<企業情報>

みうら庵

〒018-4513 秋田県北秋田市小又字堂ノ下21-4