懐かしい大正・昭和レトロの世界へタイムスリップ!~舞鶴市へノスタルジックなドライブにでかけてみませんか~

京都支部がおすすめするドライブコース!

 

今回向かった先はこちら!


京都府北部に位置する舞鶴市は、古くから港湾都市として栄えてきました。
明治から大正時代にかけて作られた赤れんが倉庫群をはじめとする日本海軍の施設が今も多く残っています。

また、大正時代の面影を残しつつ今なお地元の方に愛されている銭湯や、昔ながらの自動販売機が現役で活躍しているドライブイン、さらに国の有形文化財に登録された木造駅舎など、どこか懐かしい気持ちになれる街です。
今回はそんな舞鶴市のレトロを巡るドライブをしてみましょう。

※取材日:2021年6月18日(金)

舞鶴の海

海上自衛隊護衛艦

今回ご紹介するのは今年JAFに入りたての凸凹コンビ!!

超レア!日本全国に1台しかないレトロ自販機も置いている「ドライブインダルマ」

田園風景が広がる国道178号沿いにあり、京都市内からは約1時間半で到着します。
外観からすでにレトロな雰囲気が漂っていて、一歩中に入るとすぐに昭和時代へタイムスリップ!なんと50年も前から家族で力を合わせて経営を続けてきたお店で、「ダルマ」という名前は「七転び八起き」にちなんで、どんなに大変なときがあっても立ち直ることができますようにと想いを込めて命名したそうです。

住所:京都府舞鶴市丸田822-1【地図を開く
TEL:0773-82-0213
営業時間:①うどん自販機は8:00~18:00、年中無休
※その他自販機の営業情報につきましては、直接お店へお問い合わせください。
②併設している食堂は8:00~14:00、定休日は水曜日

うどんやラーメンの自販機が並ぶ

わずか27秒で本格的な味を愉しめます

(左)開業当時と(右)台風被害の際の写真

お客様からのメッセージノートはなんと32冊目!

ここには、他でほとんど見ることができなくなったラーメン、うどん、ハンバーガーなどレトロな自販機がずらり!値段も数十年と変えていないそうです。補修部品の調達もレア過ぎて困難なため丁寧に扱っているそうです。

 

自慢のポイントは、「自販機ながら手作りしているところ」。生麺やつゆ、天ぷら、チャーシューも併設する食堂で調理されているこだわりようです。

私も試食しましたが、お金の投入からわずか27秒で完成にはビックリ! 自販機の中では麺が2回ゆがかれ、間髪入れずにつゆが注がれます。機械が一生懸命調理を頑張っているところが微笑ましいです。麺は少し柔らかめで、つゆの甘さと相まってどこか懐かしい味になっています。

 

色んな方々から長年愛されているドライブインダルマですが、それだけに大変な苦労もあったそうです。平成16年(2004年)の台風23号で由良川が氾濫した時には、お店全体が泥まみれになるという甚大な被害を受けました。お店の再開を一度は諦めかけたそうですが、お客様の声に背中を押され約2カ月かけて再開にこぎつけたそうです。

他にはない味や魅力が感じられるドライブインダルマにぜひお立ち寄りください。

大正ロマンを感じる銭湯「若の湯」

平成30年(2018年)に国の登録有形文化財に登録された若の湯は、西舞鶴駅前から伸びる中央商店街にあります。明治36年(1903年)の創業で、今残っている建物は大正12年(1923年)に建築されたものです。外観はほぼ当時のままですが、屋根部分だけは火事により再建されました。

住所:舞鶴市字本58(地図を開く)TEL:0773-75-2541
営業時間:15:00~21:00 定休日:日・水
料金:大人450円、小学生150円、幼児60円
手ぶらセット:500円(入浴料+タオル1枚+シャンプー+石鹸)
公式ホームページ:こちらから

雰囲気のある番台

ロッカー上部には常連さんの入浴セット

富士山と天橋立のペンキ絵

建築当時の写真

若の湯一番の自慢ポイントは、大正モダンな外観と当時から変わらぬ脱衣場で、醸し出す雰囲気でタイムスリップした気分になれるところです。

中に入ると最初に目を惹きつけるのは見かけることが少なくなった昔ながらの番台で、入口からノスタルジックな気持ちになります。脱衣場に入ると古い棚やマッサージチェアなどレトロな雰囲気がたまりません。特に男湯と女湯を仕切る「ケヤキの鏡台」は必見です。

 

しかし古い分、維持管理には苦労が絶えないそうです。焼き芋も一緒に焼いていたこともある薪で沸かす風呂釜も、昨年の2月からはガスに変更になったそうです。

 

お風呂場内の壁面背景画は日本で3名しかいない銭湯絵師の中島盛男さんの手によって平成28年(2016年)に書かれたものです。女湯には赤富士、男湯には富士山と天橋立が描かれています。" ここでしか見れない富士山と天橋立のコラボ "を楽しみたい遊び心から決めたそうです。関西ではタイル絵が多く、ペンキ絵は珍しいそうです。

 

ここまで続けられた一番の理由は、やはりお客様の声と笑顔だそうです。「どんな時でも開けてもらっているだけでもありがたい」というお客様からの言葉は、女将さんの心の支えになっています。「お客様に非日常を楽しんでもらえたら私も嬉しいです」と話してくださいました。

優しくて気さくな女将さんと、大正モダンな雰囲気に出会える銭湯を楽しんでみてはいかがでしょうか。心まで癒されますよ。


 

海軍施設が今も残る「赤れんがパーク」

赤れんが倉庫群は、明治34(1901)の海軍舞鶴鎮守府開庁に合わせ造られました。今でも12棟が残り(うち8棟は国の重要文化財に指定)、平成24年(2012年)に観光交流施設「舞鶴赤れんがパーク」としてオープンしました。また、カフェや休日のイベント会場、他にも映画・ドラマ撮影やロケなど、さまざまな方法で赤れんがが活用されています。

今年2021年は舞鶴鎮守府開庁120年にあたり、市内では様々なイベントが予定されています。

住所:舞鶴市北吸1039-2【地図を開く

TEL0773-66-1096

営業時間:9:00~17:00 (夜間に賃館利用のある場合は22:00まで)

定休日:年末年始 ※施設保守点検・工事等で臨時休館あり

料金:大人450円、学生150円(赤れんが博物館のみ)
公式ホームページ:こちらから

懐かしい丸型ポスト

3号棟内にはお土産ショップも

旧北吸浄水場配水池

普段非公開の配水池内部

現在、12棟のうち赤れんが博物館(1号棟)・舞鶴市政記念館(2号棟)・まいづる智恵蔵(3号棟)など5棟が一般公開されています。

 

特に赤れんが博物館は、日本ではめずらしい「フランス積み」で、見た目を重視の美しい外観になっています。内部にはかつて倉庫で使用されていた鉄道レールやガラス窓などが展示されており、今でも歴史の息づかいを触れることができます。他にもオリジナルグッズやお土産を扱う「赤れんがショップ」もあり、店内には海軍カレーや舞鶴鎮守府が発祥と言われている肉じゃが、舞鶴かまぼこなど特産品が多く揃っています。

 

おすすめは、赤れんが倉庫群から車で数分のところにある、「旧北吸浄水場配水池」。普段は非公開ですが、予約をすれば内部の見学が可能。ここは海軍施設や艦艇に飲料水を供給するために作られたそうで、れんが倉庫とは違った迫力を感じることができます。

ローカル線に揺られて・・・

レトロな駅舎が残る松尾寺駅へは電車を使って訪れたいと思います。
今回は市営東舞鶴駅駐車場に自動車をとめ、東舞鶴駅から1駅(約6分)のローカル線プチ旅を楽しみましょう。

自動車を停めてJR西日本の東舞鶴駅へ

改札を通って

ホームには特急「丹後の海」が

今回乗車した小浜線普通電車

古い駅舎でお茶を楽しみませんか?「松尾寺駅とお茶の流々亭」

今年で99年を迎える松尾寺駅は、大正11年(1922年)に建設され、今でも当時のノスタルジックな雰囲気が残ったままです。

駅舎は開業当初からのもので、老朽化により一時は取り壊す予定でしたが、地元の方から保存を求める声が高まったため、JR西日本から舞鶴市に譲渡されました。自治体へ譲渡されたことは全国的にみても珍しく、「地元の熱い思いがあったからこそ実現したこと」だと駅舎に併設されるカフェ(お茶の流々亭)でお聞きしました。

「お茶の流々亭(RURU-TEI)」
住所:舞鶴市字吉坂113-4 JR松尾寺駅舎内【地図を開く】
TEL:0773-63-7770
営業時間:10:00~17:00(ラストオーダー:16:30)
定休日:日曜日・月曜日(お盆・年末年始・臨時休業有り)
公式ホームページ:こちらから

駅のホーム

古い構内図も残っています

駅舎内はお茶の流々亭に

オシャレなお茶のパッケージとテイクアウト用カップ

松尾寺駅は夏の雑草と冬の積雪が特に大変だそうで、地元の方々が常に手入れをされ維持管理されています。

令和1年(2019年)11月27日には駅舎内に、カフェ「お茶の流々亭」がオープン。以前は青葉山の中腹で茶屋をされていましたが、「美味しい舞鶴のお茶でちょっとした幸せを味わってほしい」という想いから再開されました。

 

「お茶の流々亭」では、舞鶴茶をアレンジした飲み物やフランス帰りのパティシエ特製のケーキなどもいただくことができます。おすすめは「茶ラミス」と「抹茶のロンド(焼き菓子)」、「手作りのお茶パウダー4種類(抹茶、玄米茶、ほうじ茶、煎茶)」です。

 

全メニュー、テイクアウトすることも可能ですので、皆さんも一度足を運んでみてはいかがですか。

 

今回の取材にご協力いただきました皆様、ありがとうございました!

「ドライブインダルマ」様

「若の湯」様

「舞鶴市役所」様

最後にこちらのドライブコース動画をご覧いただき、ご投票ください!

令和の時代に、大正・昭和時代にタイムスリップした気分になれるドライブコース動画になっています。
ぜひお楽しみください!

ドライブコースの詳細は下のボタンからみていただくことができます。

ほかのドライブコースも要チェック!

【滋賀】ぐるっと走る、走る、食す!❝ビワイチ❞ドライブ

滋賀の魅力をいっぱい詰めこんでみました!壮大で、贅沢なこのドライブコースは、美しい景色、美味しいモノがいっぱい。この夏、ぐるっと琵琶湖1周“ビワイチ”に是非チャレンジを!!

【京都】懐かしい大正・昭和レトロの世界へタイムスリップ!in舞鶴

超レアな自販機があるドライブイン、大正時代の面影が残っている銭湯や駅舎など!ノスタルジックな世界を旅するドライブコースをご堪能ください。

【大阪】夕日が綺麗すぎる大阪南部エリア

今回の旅の舞台は和泉市からりんくうエリア。モネの「睡蓮」や絶品スイーツ、海の絶景と虹色の夕日に出会える大満足のコースです。

【兵庫】海・山の幸を満喫!納涼ドライブin養父・朝来

広がる大自然。落差98mのダイナミックな滝で、からだいっぱいマイナスイオンを浴び、日本海グルメを楽しもう!

【奈良】自然いっぱい!川上村~上北山村ドライブ

奈良の絶景ドライブを楽しもう!日頃の疲れをリフレッシュできるような、この季節おすすめの絶景をご紹介します。

【和歌山】由良町で海を満喫!日本のエーゲ海で非日常を体感♪

「ここは日本?」のキャッチフレーズでお馴染み、日本のエーゲ海である白崎海岸を眺めながら海沿いをドライブする夏にピッタリなドライブコースのご紹介です。